クリスのスノーモビル日記

45歳遅咲きデビューのオヤジのスタック奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩木山南麓豪雪まつり(映像編)

月曜日のお昼にアップして、2日間でたくさんの方々に視聴していだきました。
2日間で700オーバーは自分の動画の中ではおそらく一番勢いが良かったと思います。

プラス、FBでの動画シェアが95というのも
自分の動画ではレコードです。
映像、画像が忙しくて撮れなくて他の方々の写真を拝借したり、少ない映像を
つなぎ合わせて作った作品ですが
本当にうれしい限りでございます。ありがとうございました

2015 岩木山南麓豪雪まつり 投稿者 slednecks800
スポンサーサイト
  1. 2015/02/25(水) 19:39:57|
  2. スノーモビル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩木山南麓豪雪まつり

自称ですが、私は岩木山バカです。

津軽バカとも言います。

なので岩木山に関するイベントは出来るだけ参加するようにしております。
今回のイベントは私にとっては初のイベントです。
毎年、岩木山の麓にある岩木青年スポーツセンターで開催されている豪雪まつりです。

なにをしてきたかというと???

スノーモービル木村チーム(笑)としてモービルにチビッ子達を乗せてコースを回って
スノーモービルの楽しみを子供たちに体験してもらおうじゃないか!ということです。
昨年は大盛況だったらしく、とにかく休む暇もない!って聞いておりましたが…
まさか…そこまで忙しくはないべなぁ…とイベントが始まる前までは思っていました。

が、しかし…結論から申し上げますと、午前10時から午後3時まで乗せっぱなし
休憩は10分くらいできたかなぁ(笑) 超ハードな一日でした。

今回は、そんな超ハードな一日だったお話です。


集合時間の1時間前、時間があったので、普段は通過している岩木山神社へ
IMG_2769_R.jpg
鳥居の真ん中に岩木山(厳鬼山、鳥海山、岩木山の3つの峰を合わせた山)が見えました。
朝の誰もいない参道は幻想的で心が洗われます(笑)
最初はモービルを通して好きになった岩木山ですが、いまでは春夏秋冬、それぞれの季節の岩木山も
大好きです。弘前側、青森側、鰺ヶ沢方面のいろんな方向から見る岩木山
個人的には鰺ヶ沢側から見る岩木山が一番好きです。

話がそれましたが、参道を5分くらい歩いていくと本殿が
IMG_2766_R.jpg
IMG_2767_R.jpg
賽銭忘れましたが、岩木山神社の神様はドンマイ!って言ってくれるはずだと思います。
しっかりと家内安全、どうか、今シーズンもう一回だけ岩木山でパウダー満喫させてください!と
お参りしてきました。

岩木山神社を後にして、会場の岩木青年スポーツセンターへ
ここは昔、全日本で2回ほど来た場所です。その時は自分は走っていなかったのですが
親方がオープニングラップで1コーナーで多重クラッシュに巻き込まれ重傷を負った場所でもあります(笑)
DSC_0026_R.jpg

会場にマシンを搬入し、早速コースの下見へ
雪ガチガチです(泣) キャットは問題ないでしょうが…Dooはオーバーヒートが心配です。

岩木山とSkiDoo マジェさんからは猫ならもっと良かった!って言われたけど(笑)
そう言われてみれば…(笑)
岩木山

あっ…メンバーの紹介忘れてました。
土曜日は木村農機社長、小笠原さん
日曜日は木村社長、木村ママ、いんでぃさん、藤崎じっこ、そして私クリスです。
DSCN3249_R.jpg
チビッ子たちに怪我でもさせたら大変なので、安全面についての打ち合わせも密に行いました。
よーく見ると…木村社長 サンダルだし(笑)

午前10時 イベント開始 すでに開始前からチビッ子たちがたくさん並んでいます。
DSCN3253_R.jpg
チビッ子たちを前に乗せてスタートです。
私の最初のお客さんは中学生っぽい子…
この子が、よくある話ですがカーブで曲がる方向とは逆に体重かけてくる(笑)
しかも中途半端に体が大きいから前に乗せると結構大変…
早くも1回目でギブ?(笑) 

でも次から次へとチビッ子たちが並んでいる。泣き言は言ってられないので
黙々と仕事をこなすオヤジ達
10155303_788226461269184_7369381718380938323_n_R.jpg
子供たちを乗せている写真、映像をたくさん撮りたかったのですが…
まったく余裕ありませんでした(笑)
周回を終えて帰ってくると、列に並んでいる子供たちが少なくなるのではなく、多くなっている…
最終コーナーを登って来て、毎回ヘルメットの中で溜息ロカビリー状態です(笑)

時折、こんなハプニングも(笑) 始業前点検を怠ったのが原因ですね(笑)
DSCN3251_R.jpg
そんなかんなで、5時間ほとんどマシンに乗りっぱなし(笑)
午前中はオーバーヒートとの戦い。水温計を見ながらレッドゾーン手前になると
中断して全開走行して温度を下げて、またチビッ子を乗せてと、その繰り返し…

今回、私が乗せた最年少は2歳の女の子(笑)
自分の手でハンドルを持つこともできないので、片手で抱きかかえるようにして慎重に乗りました(笑)
ヘトヘトになったけど、チビッ子達が喜んでくれたので大変良かったです。
時折、ヤング女子が乗ってくれて、パフュームのいい香りを嗅ぎながら
黄色い歓声を上げれば、アクセル全開(笑) さらに黄色い悲鳴をあげるのを聞いて
ヘルメットの中でニヤニヤしていました(笑)

午後3時 イベント終了
木村ママ&木村Jr2号、3号、4号の共同製作の豚汁&焼肉 滅茶苦茶めがった
DSCN3257_R.jpg
午後4時 テントなど全て撤収し、解散?

いや…そんなはずありません(笑)

山行くべ! 行くべ! 行くべ! 

夕暮れ時、スカイラインの途中まで登り津軽平野を見ながらオヤジ達はわげもののモビラーの
話で盛り上がりましたとさ
スカイライン
それにしても、非常に疲れたけど、楽しい1日でした。
ぜひとも、来年の豪雪祭りにも参加したいと思います。

山を下って弘前市内で反省会をしている時点で午後7時…
今から420kmの道のりを帰らなければいけないこと忘れてました(笑)

おわり
  1. 2015/02/25(水) 19:30:26|
  2. スノーモビル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近場にて

自宅からスノーモービル乗り出しポイントまでの所要時間

最短で1時間45分(笑)

最長で5時間(泣) ただし、休憩なしで走った場合です。

ちなみに、最長は青森県弘前市の猫山です。乗りだしの長平までの距離は片道420kmです(笑)
今では自宅から1分の所に高速の入口があるので、大鰐弘前ICまで行くのは
すごく楽になりましたけど…それでも遠いですね(笑)

ということで、今回は自宅から最短距離の場所、鷲倉に行ってきました。
驚いたことに、標高が猫山の標高の1624mと、あまり変わりないことです。
ただし、猫山より400km以上も南に位置しているため雪の量は違いますけどね…

しかし、土湯峠から鷲倉に行くのに曲がった途端に別世界です。
土湯の頂上付近から鷲倉まで行く間の約15分は…地吹雪、道路凍結etc 大変です(笑)

そんなかんなで、今シーズン初の鷲倉に行ってまいりました。
鷲倉と言えば、鷲倉旅館の若旦那がおります。知っている方も多いと思いますが
一言で言えば 『生粋のモービルバカ』です(笑)
ノーマルでは満足できなくなり、ボアアップして何馬力にしたかはよくワカリマセンが(笑)
目指すところはジャクソンホールだと思います。…たぶんだけど
そして、若旦那と言えば、各メーカーにいろんな写真を送りつけ(笑)
なんと、Bikemanperformanceの2015年のカタログの表紙も飾っていまいました。
Bileman_R.jpg
まぁ…なんというかSUGOI若者です。

話は戻りますが

この日の鷲倉は道東に停滞いている二つの低気圧の影響で前の日から大荒れでした。
朝から外は吹雪じゅん状態…
乗る気が失せていきます(笑) 
この日は福島市内のTさんチームと最近、スノーバイクに夢中の新庄在住の人と(笑)
合計すると10台以上の大所帯でした。天候が悪くて、しかも少人数ですと、あまり楽しくないの
ですが、今回は大所帯なので楽しそうですね

残念ながら…カメラのバッテリーがなくて、ってか…充電するの忘れていて画像ありません(泣)

いきなり吹き溜まりでの若旦那の画像しかないっす(笑)
DSCN3242_R.jpg
あれっ? 若旦那の髪が短くなってるし(笑)
トレードマークの軍手もしていないし…遺憾です…

彼と初めて会った時、彼は軍手でモービル乗ってました(笑)
『寒くないのかい?』って聞いたら 笑顔で『余裕っす』って返してきたのを思い出しました。
ちなみにBikemanperformanceの表紙では軍手着用です(笑)

まぁ、なんにせよ 若い人達が、海外のメーカーに自分を売り込んだり、向こうのメーカーと
契約をしたりしてブツを輸入したりと、いろいろ新しいことをやっているのは凄く喜ばしいことですね。
かっこいい映像作って、YouTUBEにアップしたり
私達、オヤジ連中にはできないことをしてくれているので、非常にGoodです。

ということで、今回は画像ないです。ただし映像編だけはありますのでアップします。

In the snowstorm Mt.Washikura Fukushima Japan 投稿者 slednecks800

前の晩から旅館に泊めていただき、素晴らしい温泉も十分に堪能できたし、調理場での
霜降り肉のぬすら食いも最高にめがったし(笑)
ありがとうございました。
福島のTさんチームにもお世話になり、ありがとうございました。

山形在住のTさんにはバイク映像少なすぎる!と言われましたので
次回は映します(笑)

今週は岩木山に行きます。モービルに乗ります。
でも…豪雪祭りの方でチビッコ相手に頑張ります(笑)
10269541_611903105608339_2330509602304305741_n.jpg
  1. 2015/02/19(木) 16:22:53|
  2. スノーモビル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

心字雪渓 episode1 映像編

映像編です

2014-2015 SNOWMOBILE 心字雪渓 with TEAM153 投稿者 slednecks800
  1. 2015/02/17(火) 20:17:07|
  2. スノーモビル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心字雪渓 episode1

最近、ブログの更新をさぼっていました。

モービルには勿論、乗ってました。

でも…

スマホのカメラ機能が壊れたまま、デジカメのバッテリーの消耗が激しくなってきて
すぐにバッテリー切れになる、ゴープロもまた無くした…
スランプなのか文章が書けないetc…そんな要因が重なって更新を怠ってましたが

復活の狼煙をあげちゃいます(笑)

話は遡りますが、先週のお話から

午前9時 集合場所へ行くと、本日案内してくださるTeam153のトランスポーターが止まって
いました。しかし…誰もいません
DSCN3201_R.jpg

何処に行ったのか??? 

不思議がっていると、エンジン音が聞こえてきてTeam153の隊長M氏が戻ってきました。

昨日までの暴風雪で本日、案内するコースの下見を朝、早くからしてくれていました。

M氏 『今日のコースなんですけど、一応…ソフトコースで道付けしてきましたので』
クリス・いんでぃさん 『いえ、ハードコースでお願いします』
S師匠 『広くて遊べるコース、もしくはオール林コースあるけど…どっち?』
クリス・いんでぃさん 『オール林コースで』

ハードコースに自ら身を投じて、体を苛め抜いて、気力を使い果たして、ボロボロになるまで
1日中乗って、下山した時には各自何かかが変わっているんじゃないかと思い(笑)
無謀にもハードコースをチョイスさせて頂きました。

せっかく、道付けした頂いたのに申し訳ありませんでした(笑)

あまりにも風が強すぎて雪が飛んでしまったのか、想像していたよりは深くありませんでしたが…
やはり林の中に入ると、気温が低いので雪の状態はです。
DSCN3213_R.jpg
少しでも気を緩めると埋まります。

いや…気を緩めなくても…私は埋まります(笑)
DSCN3211_R.jpg
そこらじゅうで難破船のごとくモービルが遭難してます(笑) 救助隊(Team153)は大忙しなので
待っていても救助には来ません。自分でなんとか出すしかありません(笑)

まだ、この段階では皆さん、埋まっているくせに『楽しい~』を連呼しています。

余談ですが…自分は、よく埋まると『楽しい~』とか『やっぱこうじゃなくっちゃ』とか言ってますが…
実は…ただの強がりです(笑) 俺、埋まってるけど余裕だし~ みたいな強がっているところを
みせて、心が折れるのをくい止めています(笑)

救助に行くにも大変です。マジでスノーシュー欲しくなります。埋まるときは大抵は斜面で埋まります。
助けに行くときは下りだから大丈夫です。でも…救助完了したあとは登りです(笑)
一気に体力を消耗します。
DSCN3220_R.jpg
脱出させるまでは盛り上がっていますが、脱出後は自分のマシンまで歩いて行かなければ
いけないのでブルーになります(笑)
DSCN3215_R.jpg
できることなら助けには行きたくありませんが…
見て見ぬフリもできないし(たまに気が付かないフリしますけど)
それよりも、ネタにもなるしね(笑)

そんなかんなで、遊んで、埋まって、いやな汗かいて(笑)
M隊長に、『ここの沢登って行くと、少し広いところがあるから、そこでご飯にしましょう』
と言われたので、楽勝だなと思い…アタックするも

あと一歩の所で撃沈(笑) 
DSCN3224_R.jpg
しかも下にスコップ置いてきてしまいました(泣) マシンはキャタの部分が完璧に埋まってる…
掘れた穴の深度は約1m30cm(笑) スコップなしではキツくね? 無理だべ…
誰もヘルプに来ないところで実際に声に出してボケ・ツッコミをしてました。

約10~20分 ひたすらハンドパワーで掘っていましたが…まったく出る気配なし
ってかマシンびくともしねーし
途方に暮れていると、いんでぃさんが助けにきてくれてました。スコップをかりて何とか脱出成功!

上で待っていると、Team153のM隊長もやってきて、この先行くと、昼飯ポイントですから!
そこで待っていてください! 自分は下に降りてほかの人達のヘルプに回りますから~
と爽やかな笑顔を見せて去っていきました。

昼飯ポイントで別部隊のヤングチームの人達のレモン味のする、なんかスゲー美味しい牛肉を
ご馳走になりながら待つこと1時間…やっと来ました
着くなりヘルメットを脱いだオヤジ達の表情は一言で言えば

『脱力感120%』

そんな表情でした(笑) 話によれば、沢登りのルートではなく、少し迂回して登ろうという
ことになったらしいのですが、なんでも最後の斜面が、言葉で言い表せないくらいボコボコに
なっていたそうです(笑) そこに誰かが突っ込んで埋まり、さらにボコボコになる。
また誰かが突っ込みボコボコになる。それは無残な斜面だったらしいです。

ここで教訓

『鉄は熱いうちに打て!』じゃないけど

『斜面はヴァージンのうちに登れ!』

画像ありませんが、昼ごはんを食べるオヤジ達の姿は憔悴しきっていて
笑えました。 ヘルプに行ったM隊長もへばってましたね(笑)
お疲れさまでした。
ちなみに昼ごはんを食べ始めた時間は午後2時前です(笑)

自分はすごくラッキーでした

午後の部は…集中力キレまくっていたので名手いんでぃさんでさえも
ありえない所で埋まっていた(笑) あんな、いんでぃさん初めて見た!(笑)
DSCN3228_R.jpg
あっ! これは僕のマシンです。ゴロンしたら下まで行きました(笑)

そして…じゃぁ、ここ登ったら帰り道に出るから登りましょう!

気力・体力の途切れたオヤジ達には、その斜面はどんだけキツく見えたのだろうか?
ってか、実際には、かなりの斜面でしたけどね(笑)
アグレッシブに最後の斜面をアタックして成功した人、何度も何度もアタックして成功した人
気力を失って迂回して緩いところを登った人

最後にヘビメタ君が埋まっているという情報が入り、
オイラといんでぃさんは救助に向かうと…隣は緩いラインなのに
あえてキツいラインを選ぶヘビメタ君 男だね…
DSCN3233_R.jpg
何とか脱出に成功させあとの会話

オイラ    『ヘビメタ君 ネタもう少し欲しいから、一旦降りたら、もう一回キツいランイを登ってよ』
ヘビメタ君 『いいっすよ』と快諾

すると…間髪入れずに

いんでぃさん 凄い形相で、ってかキレながら『頼むからやめてくれ!』

これにて終了~

下山したのは午後5時 昼飯タイムを入れて8時間 フルで遊んで、埋まって、笑って、キレて
思う存分に楽しむことができました。

本日の被害

いんでぃさん ヘルプで体力を使い切り、翌日 点滴うつほど憔悴(笑)
福田山さん  ブレーキのリザーブタンク紛失(笑)&顔中傷だらけ(爆)
そんなかんなで、中身の濃かった一日になりました。
Team153のみなさん 大変お世話になりました。また機会があればよろしくお願いいたします









  1. 2015/02/16(月) 15:33:15|
  2. スノーモビル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

In the snowstorm in Bandai snowdogs

いつも『クリスのスノーモビル日記』を見ていただきまして

ありがとうございます。

週明け、月曜日、火曜日はアクセス数が多いです。
楽しみしてくれてる人、ブログ見て文句言ってるくせに常にアクセスしてくる人etc
さまざまな人の期待(笑)を今日は裏切ります

今日のお題は…うちの犬たちです(笑)

毎週、毎週 出歩いて犬たちをないがしろにしてきました(笑)
たまには犬たちと遊んであげないと家を追い出されます。

ということで、今回は猪苗代町にある磐梯スノードックスに行ってきました。
ここは名前の通り、雪が積もろうが、何が積もろうが営業しているドックランです。
DSC_0681_R.jpg
ドックランの前はスキー場だった場所です。

家を出るときに、いつものように車にハリーとララのハウスを積みながら
『今日はドックランに行って、雪の上で思いっきり遊ばせてやるよ』って言ったら
言葉は理解していないでしょうが、雰囲気で伝わるのか(笑)
ハリーとララは、いつもよりも大興奮状態です。暴れる二人を車に押し込み、いざ猪苗代へ

磐梯熱海を過ぎてトンネルを抜けると、一面世界の風景が広がってきます。
しかも…猛吹雪(笑)
でも、犬たちには、そんなことは関係ないでしょうね…

ドックランは前の日から降り続いた雪でフカフカ状態。思わず…モービル乗りてー…とつぶやく
ちなみに、ここのドックランはスノーシューも貸してくれます。
ハリーとララは吹雪いていても、まったく意に介せずテンションMaxでドックランに突入しました。
DSC_0702_R.jpg
DSC_0698_R.jpg
DSC_0701_R.jpg
とくにララは潜水艦のごとく、雪に潜ってパウダースノーを満喫(笑)

ハリーもマイペースでパウダースノーを楽しんでいました。
DSC_0737_R.jpg
DSC_0712_R.jpg

詳しくは動画にてご覧ください(笑)

In the snowstorm Harry and Lala 投稿者 slednecks800
  1. 2015/02/02(月) 15:43:47|
  2. スプリンガー・スパニエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

クリス

Author:クリス
スタックの達人のクリスです!
いつの日か…
『今日は一回も埋まらなかった』と言ってみたい…

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
スノーモビル (196)
放射能 (3)
車 (1)
スプリンガー・スパニエル (9)
バギー (15)
限定用 (0)
友達限定 (1)
てんや部 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。